25歳 鳩子のとある日

英語が話せない私に、アメリカ人の彼氏ができました。

【バギオ留学in monol】バギオの空気汚染はかなり深刻

鳩子です。
今日はバギオの排気ガス状況について話したいと思います。

バギオの空気汚染状況(鳩子視点)

バギオの空気は汚いです。
正確に言うと、Burnham Parkのある中心部が特にひどい。
私が綺麗な日本から来たからそう思うわけではなく、
誰もが汚いと思うほどバギオの空気汚染は想像以上にひどいです。

バギオは山の都市で、車社会です。
電車なんかもちろんありません。
移動手段はタクシーかジプニーに頼るほかなく、いつも中心部の道路は飽和状態です。
特に地元の人がよく使うジプニー(激安乗合バス)からは、真っ黒な煙がたくさん出てきます。
都市部はいつも霞んでいて、長時間いると頭痛が起きます。

(バギオのジプニー)
f:id:haru_toaruhi:20190307195249j:plain

一方で、monolは山の高台にあり、風が吹くため排気ガスが滞ることはないので比較的空気は綺麗です。
学校で勉強する分には安心できます。

バギオの空気汚染の原因

爆竹や花火も原因の一つなのですが、ほとんどが車の排気ガスからの汚染物質が原因と言われています。
バギオではディーゼル車が多く、中古の日本車(結構古い)がたくさん走っています。
ディーゼル車は、ガソリン車に比べてNOx(窒素酸化物)とPM(粒子状物質)が多く、それが空気汚染の大きな原因となっています。

私の推測だと、自動車排出ガスの規制や浄化装置の装着が義務付けられていないのだと思います。
バギオは中流階級の都市とはいえ、諸外国に比べれば貧しい都市です。
規制されたとしても、質の良い車が手に入らないし、浄化装置のフィルターもお金がかかることなので、規制が議題に上がっていたとしても現実問題、施工できないんだと思います。

NOx(窒素酸化物)とは

 窒素酸化物とは、物が高い温度で燃えたときに、空気中の窒素と酸素が結びついて発生する、一酸化窒素と二酸化窒素などのことをいう。

 とくに二酸化窒素は、高い濃度のときに人の呼吸器(のど、気管、肺など)に悪い影響を与えるので、国では二酸化窒素に関する環境基準を設けて、排出量を少なくする努力をしている。
 また、窒素酸化物は、光化学スモッグ酸性雨の原因にもなる。

PM(粒子状物質)とは

粒子状物質とは、マイクロメートル (μm) の大きさの固体や液体の微粒子のことをいう。
主に、燃焼で生じた煤、風で舞い上がった土壌粒子(黄砂など)、工場や建設現場で生じる粉塵のほか、燃焼による排出ガスや、石油からの揮発成分が大気中で変質してできる粒子などからなる。
 大きさにより分類したPM10やPM2.5、日本では浮遊粒子状物質などの指標が考案された。疫学的には、粒子状物質の濃度が高いほど呼吸器疾患や心疾患による死亡率が高くなるという報告がある。

調べ始めたらいろんなことが出てきます。
NOx・PMに日常的に曝されていると肺がんのリスクが7倍とかあって本当に恐ろしい。
(喫煙者は4〜5倍なので余裕に上回っています。)
そりゃ、街に出かけたら息苦しくなるのも当然です。

スニーカーが黒に染まりました。

この前、出かけている時に雨が降ったのですが(東南アジアの降ってはすぐやむやつ)
日本で毎日履いていた白のスニーカーが一瞬で黒くなりました。
見えないですが、足の甲部分なんて、黒いインクを飛ばしたかのような有様です…(;_;)
f:id:haru_toaruhi:20190317115403j:plain
地面にはねた雨で靴がこれだけ黒くなるということは
建物や道路が車によってどれだけ汚されているか分かります。

この空気汚染、どうしたらよくなるのだろうか。
日本にいるときは肌で感じなかった環境問題が、ここへきて痛感させられます。